貴社のビジネスパートナー DSP ディーエスピー株式会社

私たちは、作業品質はもちろん、顧客満足度にとことんこだわる「物流企業」です。
物流に関することなら何でもご相談ください。

048-485-2222

〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡4-19-28

2015年7月21日(火)

DSP通信2015年夏号 代表ごあいさつ

ごあいさつ  代表取締役 都丸 中

(DSP通信夏号 7月21日発行の紙面より抜粋)

各地で35℃を超える猛暑日があれば、その翌日は大雨洪水注意報が出るほどのドシャ降りと、昨年同様、不安定な空模様が続いております。自宅の花壇では好きなひまわりが咲いており、見るたびに少し心が華やぐ盛夏の候、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
昨年の当通信での私のご挨拶は、7月号では天の川について、8月号では中国の鶏肉加工工場の衛生問題、教育関連企業の情報漏洩問題、それにともない初動対応の重要性、終戦記念日などについて触れさせていただきました。
そして、今年も原爆が投下された8月6・9日、終戦記念日の15日を迎えます。子供の頃に、夏休みになると今は亡き母に連れられ帰省した広島には多くの思い出があります。山に囲まれ蒸し暑い安佐北郡(現在の広島市安佐北区)での川遊び、穏やかな瀬戸内海、当時の広島市民球場で観戦したプロ野球、さらに、祖母から聞いた原爆投下直後の市内の様子や原爆記念館も、今でも鮮明に記憶しております。8月は毎年、改めて平和の意味と命の尊さを考えさせられます。

その、「考える」という言葉。シンプルですが、色々な解釈が出来て奥の深い言葉です。単純に物事を考える事は誰もがするのですが、それだけで終わらずに感じ取り考え抜くとなると、だいぶ変わります。客観的に判断して、何をどうするべきかを判断して、するべき事に優先順位をつけて、実際にどう行動するか。「わかった」と「できる」が異なるように、「考える」と「感じ取る」は異なり前向きな意思がないと気づかない事も多いはずです。
経営は厳しい競争ですし、考え抜いて価値を見出し、多様なアイデアで事業の価値を高めなくては継続出来ない現実があります。情報が豊かでニーズも多種多様な時代ですから、良いものを作った、良いサービスを提供している、それだけでは早い段階で淘汰されてしまいます。

14年前に運送業者として創業した当社は、その翌年にスルーセンター業務など構内作業を始め、流通加工の作業品質に徹底的にこだわりながら取扱い品目の拡充を続け、近年はサード・パーティー・ロジスティクスに注力してまいりました。そして現在は、メーカーとの協業や他業種企業との提携で「物流を生み出す仕組み作り」を進めております。物流企業が発信する新たな包括的サービスという表現でお伝えしておりますが、大手上場企業のように大規模なインフラ投資による成長戦略を描いて同じ土俵を目指しても勝負になりませんし、企画で勝負ですね。実際に多くの企業やメーカーが抱えている課題はたくさんあり、物流の観点で細やかな視点に基づく提案力と企画力を最大限活かしてまいります。

まだまだ理想の会社像には程遠く長いチャレンジが続きますが、従業員と一丸となって焦らず歩んでまいります。
創業当初と変わらず、感謝を携えて活動する当社。変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

平成27年7月21日
ディーエスピー株式会社
代表取締役  都丸 中

お問い合わせ

許可

  • ◆化粧品製造業許可(包装・表示・保管)
     11CZ200223
  • ◆食品営業許可(各種セットアップ)
     55・228・023387
  • ◆一般貨物自動車運送事業
     関自貨第67号-440003064
  • ◆プライバシーマーク
     認定番号
     第21000573(04)
生み出す物流「LeadingLogistics」企画好評展開中!